不動産コボットを導入して良かった事と大変な事

大手の不動産会社だけでなく、中小の不動産会社にも多くの愛用者のいる不動産コボットをご存知でしょうか?
不動産コボットは、世界中の企業がこぞって導入しているRobotic Process Automationサービスのひとつですが、他のRobotic Process Automationサービスと違う点は、導入コストが全くかからないという事と、最速で即日利用が可能となっている中小企業にとって導入しやすい仕様になっていることです。

コボットがどのようなRobotic Process Automationサービスなのかというと、不動産会社が毎日の業務として欠かすことができない新規物件の情報取得や、前日までに申し込みがあった内容、家主から削除された物件情報など更新された情報を自動で取得するサービスです。
また収集された情報は、エクセルに一覧となって自動入力されますので、データ管理がしやすくなっております。
作業ミスが少ない上に、スピードも速くなっておりますので、導入するメリットが大きいと言えます。

逆に導入するデメリットとしては、慣れるまで大変であるということです。
動作は他のRobotic Process Automationサービスと比べて非常に簡単にはなっているのですが、コンピューター自体が苦手な方は、慣れるまで時間が必要かも知れません。
しかし、小さなデメリットと比較して、メリットの方がかなり大きくなっておりますので、導入しても損はありません。