外貨両替は融通が利く場合もあるんだ

仕方ない、今日は外貨両替を諦めて帰るかと思った矢先に外貨両替を扱う銀行から一つの提案が。「お客さま、それではもしお買い物などされる用事がありましたらどうぞ外貨両替の待ち時間に行かれてはいかがでしょうか。万が一外貨両替でお客様の番号が呼ばれましても。お帰りになられた時には優先的にご案内させていただきますので、外貨両替のカウンターもしくは外貨両替のスタッフに一声おかけください」これはラッキー。外貨両替もまんざら話が分からない人たちばかりでもないと思いました。これなら再度外貨両替の番号札を取る必要もないし、その間に自分の用事も出来るしこれ以上外貨両替に無駄な時間を費やす必要もありません。自分の外貨両替の番号をしっかり握りしめて買い物開始です。買い物で1時間潰すというのはそれほど難しい事ではありません。フルーツはここの店、さしみはあそこの店でなんてグルグル回っている内に外貨両替の時間はやってきました。