数ある出産方法の中から自分好みのものを選ぼう!

出産と一口に言っても、その種類は様々です。
まず自然分娩ですが、こちらは自然発生する陣痛を待つお産です。
こちらの特徴は医療介入が少ない自然の摂理を尊重した出産方法であるという事です。
激しい陣痛を感じる事が多く、予定も曖昧であるため患者に負担が大きくなる出産方法として知られています。

その一方で計画分娩は出産日をあらかじめ決めて計画的にお産をするというやり方です。
こちらは出産予定日をおおよそ決める事が出来るため、患者も余裕を持って出産に立ち向かう事が出来ます。
さらに、出産当日には会社を休むなどのフォローアップがしやすくなるため、家族のサポートを受けやすくなるだけでなく、病院としての医療介入をしやすくなります。
また、時間外分娩となる可能性も低いため別料金が発生するリスクも抑えます。

この計画分娩に無痛分娩を組み合わせることによって、さらに母子の負担を軽減する事が出来ます。
痛みが少ない無痛分娩は産後の回復も早くなる傾向にあるため、赤ちゃんに対してのケアを行うペースが早くなるのです。
さらに帝王切開などの対処もスムーズになるため安心です。
このようなメリットのある無痛分娩を行うときには、神奈川県のおとめクリニックのように女性に対してのホスピタリティを追求したサービスを行なっている医院を選ぶようにしましょう。