生きている日本酒を造る浪花酒造

日本酒というと一度栓を開けても常温保管でき、長期間保つ感じがします。
しかし、浪花酒造の日本酒は違います。
開封後はできる限り早く飲んで欲しいのです。
昔ながらの手造りのため酵母が生きています。
酵母によって味が変化しないうちに、出荷された時の最高の状態で飲みたいものです。
たとえば、浪花酒造の入魂の一滴「浪花正宗吟醸」は常温でも冷やして飲んでも美味しいのですが、購入後の保管はなるべく冷蔵庫で行い、温度管理に気を付けたいものです。
開封したら必ず冷蔵庫で保管し、3ヵ月以内には飲み切りましょう。
爽やかな香りと軽やかな口当たりが女性にも飲みやすい1本です。
そして、「浪花正宗特別純米」は常温かぬる燗で飲みたい辛口のお酒です。
切れ味がよく、スッキリとした辛口なので飲み飽きることもありません。
こちらもできれば冷蔵庫での保管が望ましく、開封後はできる限り早く飲んで欲しいです。
熟練した杜氏たちが魂を込めた日本酒を最高の状態で味わいましょう。