交通事故の慰謝料には3つの基準があります

意外と一般の方には知られていないことですが、交通事故の慰謝料には3つの基準があります。
その3つとは、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準の3つです。
自賠責保険基準は、自賠法という法律できっちり決められているため、誰が運用するとしてもそれほど違いはありません。
しかし、上記3つの基準の中では、支払われる額がもっとも少なくなります。
それに対して、弁護士会基準は、これまでの膨大な判例を基にして算定したもので、支払われる額はもっとも多くなります。
弁護士会基準は、民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準という本にまとめられているため、弁護士の間でかなり浸透している基準ということができるでしょう。
この2つの基準の中間となるのが任意保険基準です。
ただ、中間と言っても限りなく自賠責保険基準に近いもので、自賠責保険基準より少しだけ多いくらいです。
3つある基準のどれを根拠にするかによって、交通事故の被害者に支払われる慰謝料の額はかなり違ってきます。
弁護士費用などを考える必要はありますが、もしできることなら弁護士に依頼して弁護士会基準に則った慰謝料を目指しましょう。
その際は、できるだけ経験豊富な弁護士に依頼することをおすすめします。
交通事故の示談金や慰謝料の相談|交通事故賠償金算定センター