生鮮食品の流通を変える企業とはどのようなものなのか

食品の中でも生鮮食品は鮮度がその商品価値を大きく左右させます。
そのため、良質な商品をせっかく生産者が作っていたとしても、その間に入る業者の手が入れば入るほど鮮度が落ちてしまい、結果価格に影響を及ぼすこともあるのです。
このような問題は価格だけではなく生産者のモチベーションにも非常に重大な影を落としてしまうリスクにもなりかねません。

泉卓真氏が代表取締役を務める株式会社いずみホールディングスでは良いものをどこよりも安くどこよりも良い状態で届けることを掲げています。
それを実現させるのは流通時間やコストが増えることを徹底的に排除しているからです。
北海道の食品卸売業として活躍していた株式会社いずみホールディングスはそのノウハウと最新テクノロジーを使うことによって中間業者を可能な限り排除しています。

また、株式会社いずみホールディングスが提供しているサービスの中でも「産直LIVE」が注目されています。
こちらは生産者の元にスタッフが直接向い、収穫の様子をライブ配信するというものです。
また、こちらにはトレーサビリティカードがついてますので、購入したものの品質を確かめることが出来るということも注目されています。