古く良き技術を守って、進化させます

日本は職人の国です。
職人さんが古き良き技術を守っているからこそ現在があるといっても過言ではありません。
しかし、それだけでなく最新技術をうまく取り込んでクオリティーをアップしている事で魅力を高めているのも事実で、ヤマナカゴーキンがそれを達成しているといっても過言ではありません
例えば塑性加工の技術は、大型プレス機を活用して、制度だけでなく能率を上げる事に成功しています。
そして鋳造の開発の最上流にある工程設計に成形挙動を事前に解析分析するCAE技術を活用して、確実な良品化を目指して、低コストで確実の納期を守ることができます。
他にも、熱処理試験や材料試験は、会社だけでなく国立大学の研究機関と新しい素材や加工技術の開発から検討を共同して行っています。
古き良き技術も大切ですが、それを現代の状況に合わせる工夫ができるというのが、ヤマナカゴーキンの強みです。
この会社の今後に、とても期待したいところですね。