水素水のメカニズムを理解して効果的にアンチエイジング

体内に活性酸素が溜まると病気にかかりやすくなったり老化のスピードが増すということが言われて、活性酸素対策の健康法がいろいろ登場しています。
そのひとつに水素がたくさん溶け込んだ水を飲むやり方があって、いろいろな雑誌やテレビなどでも紹介されています。
健康維持やアンチエイジングに役立てるためには、どんな健康法でも自分なりにそのメカニズムを理解しておくことが大切です。
仕組みがわかっていれば、さらに効率よくその健康法を役立てることができるからです。
水素水健康法を始めるのであれば、その仕組みとして酸化と還元ということを理解しておく必要があります。
酸化というのは酸素がくっつく金属のサビのような化学反応で、還元は水素によって酸化したものが元に戻る作用です。
呼吸で吸う酸素は、その一部が体内に残り残留酸素となります。
残留酸素にも酸化力があり、体内では細胞を酸化つまりサビさせてしまいます。
酸化した細胞は新陳代謝が悪くなるので、そこから少しずつ病気が治りにくくなったり老化の引き金になってしまいます。
水素水健康法では、水素の還元作用を利用しています。
体内に水素が入ると、その還元力を発揮して活性酸素をとらえて水に変えてくれるからです。
ここで、水素の性質も知っておきたいところです。
水素は化学分子としてはとても小さく、また軽い物質です。
そのため、ボトリングされた状態でも空気中に透過つまり逃げやすく、コップに注ぐとさらに空気に触れた面からどんどん出ていってしまいます。
水の中に水素が少なくなってしまえば健康法の効率が落ちますから、水素水健康法を始めるのであれば飲む時点での水素の濃度ということを念頭においておかなくてはなりません。
http://suiso-waters.com/suisosui_qa/